バッグ

アイコニックなグルーヴをあしらった、
RIMOWAのパーソナルコレクションから新作が到着。
プロジェクト「THE NEW NORMAL」の第5弾も発表。

2021.11.02

写真・図版

1898年の創業以来、さまざまな旅のお供にツールを提供してきた老舗のスーツケースブランド「RIMOWA(リモワ)」。

120年以上の歴史を誇り、ビンテージな木製からクラシカルなアルミニウム製、そしてハイテクなポリカーボネート製へと進化を遂げ、プレミアムラゲージで世界をリードしてきた。

アイコニックなグルーヴをあしらった、RIMOWAのユニセックスアイテム「PersonalCollection(パーソナルコレクション)」から、新作「Personal Sling Clutch(パーソナル スリング クラッチ)」と「Personal Hand Clutch(パーソナル ハンド クラッチ)」の2タイプが登場。

RIMOWA Personal Sling Clutch

  • 写真・図版
    リモワ パーソナル スリング クラッチ ¥137,500
    カラー:シルバー、ブラック
    サイズ:高さ20.4cm×幅13cm×奥行き4.4cm
  • 写真・図版

さまざまな方法で縦型に装着できる万能バッグ。グルーヴ付きアルミニウムボディーにマットなメタル製の部品を採用。ブランドの本拠地座標をジャカードで描いたスポーティーなストラップを備えている。牛革製のバッグ内部は、2つのクレジットカードケースと、オープンコンパートメントを配置し、スナップで閉じる機械式ボタンを採用。別売りで、カクタスグリーンとオレンジの肩掛けストラップ (各¥12,100)もあり。

RIMOWA Personal Hand Clutch

  • 写真・図版
    リモワ パーソナル ハンド クラッチ ¥137,500
    カラー:ブラック、ブラッシュ、シルバー
    サイズ:高さ12.1cm×幅20cm×奥行き4.7cm
  • 写真・図版

スリングクラッチと共通のデザインを多く落とし込み、RIMOWAのアイコンであるスーツケースのデザインを反映させたマットなメタル製ボディーを採用。取り外しできる革製のリストストラップや開閉セキュリティシステムを搭載している。牛革製のバッグ内部は、クレジットカード入れとオープンコンパートメントがあり、荷物を整理して収納できる。別売りで、コーラルレッドのレザー製ストラップ(¥11,000)もあり。

人気の「Personal Cross-body Clutch Bag(パーソナル クロスボディ クラッチ バッグ)」からは、アルミニウム製の新作モデル2色を発売した。

Kim Jones(キム・ジョーンズ)との限定カプセルコレクションとして「Dior(ディオール)」の2020年サマーコレクションのランウェイで初めて発表されたこの印象的なアイテムは、PersonalCollectionの定番アイテムになっている。

RIMOWA Personal Cross-body Clutch Bag

  • 写真・図版
    リモワ パーソナル クロスボディ クラッチ バッグ ¥182,600
    カラー:シルバー、ブラック
    サイズ:高さ13cm×幅21.5cm×奥行き7cm
  • 写真・図版

ポリカーボネート製モデルと同様ディテールにこだわり、取り外し可能なレザーストラップが付属。バッグ内部は、2つのオープンコンパートメントとジップ付きポケット、3つのカード入れがあり、必需品を安全に保管することができる。対象的な配色のキャメルレザーストラップとシルバーアルミニウムボディー、ブラックレザーストラップとブラックアルミニウムの2色展開。

次ページ日本独自のプロジェクト第5弾も発表。

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    娘の祝い。
    [岸谷五朗が綴(つづ)る、男と酒の物語。]

    週末の過ごし方

    2022.05.13

  2. 写真・図版

    俳優・桜田 通さんから読者のみなさまにメッセージ

    特別インタビュー

    2022.05.17

  3. 写真・図版

    PORTER
    心と体がポジティブになるポーターが打ち出す新機軸。
    【機能派バッグの最適解。】

    バッグ

    2022.05.18

  4. 写真・図版

    地元に愛される洋食店
    [部長の名店。 ひとり気ままにノスタルジックランチ]
    レストラン 桂

    接待と手土産

    2022.05.13

  5. 写真・図版

    『SHERLOCK/シャーロック』
    いま観るべき、おしゃれな海外ドラマとは? #24

    週末の過ごし方

    2022.05.12

紳士の雑学