腕時計

モンブラン
優雅であれ/カテゴリー02
【男たちよ、時計を愛せ。】

2021.12.07

腕時計の前身は懐中時計だった。腕に着けられるようにサイズが小さくなり、バンドが装着された。ポケットの中から手首への移行に伴い、確実に縮小されたのが装飾性。かつて懐中時計のフタや背面、文字盤に施されていた彫りや金銀の意匠を、大人の男性が持つモデルに見いだすことはなかなか難しい。

数少ない例外がカラーダイヤルだろう。ベゼル、バンド、尾錠まで考え抜かれた色のコーディネートは、機能アイテムとしての時計につやをひとはけ加え、アクセサリーとしての存在感を再認識させてくれる。

特に最近では、多くのブランドからさまざまなカラーリングのモデルがリリース。従来多かったブルーだけでなく、グリーンやブラウン、ローズピンク、トープなどの個性派にも注目したい。色で遊ぶ余裕も時計ならではの楽しみだ。

写真・図版
ステンレススチール、自動巻き、ケース径40㎜、¥354,200(モンブラン コンタクトセンター  0800-333-0102

「ヘリテイジ GMT」シャイニーなサーモンピンクダイヤルがビンテージの風格を感じさせる。名門マニュファクチュールのミネルバが1940〜50年代に手がけたモデルにインスパイアされたコレクション。第2時間帯表示も搭載。

掲載した商品は税込み価格です。

「アエラスタイルマガジンVOL.51 AUTUMN / WINTER 2021」より転載

<<【男たちよ、時計を愛せ。】まとめ

Photograph:Masanori Akao
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK. STUDIO)
Text:Keiji Kasaki(TEAM SPIRAL)
Edit&Text:Mitsuhide Sako

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  3. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  4. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学