カジュアルウェア

四季の色を封じ込めたロングホーズ。

2022.01.24

ファッションエディターの審美眼にかなった、いま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

写真・図版
赤峰さんこだわりのロングホーズセットは、しゃれたケースに納められる。数量限定生産ゆえ、完売の際は次回の入荷までしばしお待ちを。¥26,400/アカミネロイヤルライン(インコントロ 044-871-5330

異常に短くなった流行のスパンに振り回されたり、逆に服選びに時間を取られるなんて無駄だと悟ったり。装いにおける価値紊乱(ぶんらん)の時代に、なぜか77歳のファッションディレクター、赤峰幸生さんが人気を集めている。

ご存じない方に説明すると、赤峰さんは1960年代から紳士服業界をけん引してきた、この世界では知らぬ者はいない大御所。近年は「アカミネロイヤルライン」という注文紳士服レーベルを立ち上げ、顧客と一対一で向き合っているのだが、いつの間にか業界内有名人の枠を大きく飛び越えた存在に。インスタグラムのフォロワーは約4万人、地方で開催されるオーダー会には、20〜30代の若者からの予約が殺到する。まさに赤峰現象だ。

とはいえ、赤峰さんはファッションの薀蓄(うんちく)や流行を語ることには興味がない。窓を開けたときに感じる季節の移ろい、道端に咲く花の色、喫茶店で飲むミルクティーの、ミルクとお茶のバランス……。彼が教えてくれるのは、僕たちの生活のなかに潜む美しさであり、装いはあくまでその副産物だということ。赤峰さんと話していると、昔の日本人には当たり前に備わっていたであろう四季を愛め でる感性が、自分にも養われていくような気がする。そしてコットンスーツに付いたおしょうゆのシミすらも、いとおしく感じられるのだ。デジタル社会を生きる若者たちにとっては、この感性こそがクールなんだろう。

そんな赤峰さんが、この秋オリジナルのロングホーズを発表した。長年の付き合いになる国内の紡績会社と共に糸から開発し、12色セットで販売するという。春夏秋冬の色をそのまま封じ込めた絶妙なカラーパレットは、まさに赤峰さんの暮らしと装いの哲学そのもの。今日は早速オフホワイトをはいて、ミルクティーでも飲みに行こう。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。1976年生まれ。『LEON』や『MEN'S EX』などの編集や、『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターに従事した後、独立。趣味はカメラと海外旅行。

「アエラスタイルマガジンVOL.51 AUTUMN / WINTER 2021」より転載

Photograph: Satoru Tada(Rooster)
Styling: Hidetoshi Nakato (TABLE ROCK.STUDIO)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ142
    ユニクロ×マルニが初コラボ。
    夏コーデに欠かせない推しアイテムが、アンビリーバボーな価格で購入可能!

    カジュアルウェア

    2022.05.19

  2. 写真・図版

    軽量になり、履き心地も改良!
    カジュアルとクラシックが同居した、
    スペルガの新ミリタリーモデルが発売!

    2022.05.24

  3. 写真・図版

    PORTER
    心と体がポジティブになるポーターが打ち出す新機軸。
    【機能派バッグの最適解。】

    バッグ

    2022.05.18

  4. 写真・図版

    娘の祝い。
    [岸谷五朗が綴(つづ)る、男と酒の物語。]

    週末の過ごし方

    2022.05.13

  5. 写真・図版

    パールイズミとの共同開発!
    アバハウスから、ニューノーマル時代の
    「自転車通勤セットアップ」が発売。

    スーツ

    2022.05.23

紳士の雑学