カジュアルウェア

コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
タートルネック、モックネックどちらが正解!?
ファッショントレンドスナップ170

2023.01.24

写真・図版

タートルネックセーターが突如としてネットやテレビを騒がせたのは、昨年の11月18日のこと。小池東京都知事のコメントの余波は、その後もしばらく続き、今までこのタイプのセーターに興味を示さなかった人から、ファッション系ユーチューバーまでかなりの人が影響を受けたと思います。

その後1カ月以上たって騒ぎは治まってきましたが、実際タートルネックセーターが活躍するのはこれから。個人的に昔から愛用していて、知り合いにもかなりお薦めしていたタートルネックセーターは、寒くなったときにこそ、その良さが実感できるもの。暖かい日が続いていた11月下旬から12月上旬では、その良さが伝わりにくかったな……と感じています。

実際ネットでざわついた時期には、「混み合った電車やバスでは首元が詰まっているので蒸れる」とか、「乾燥したオフィスでは首元がチクチクする」といった声も聞こえてきましたが、そうしたことを軽減しているものは探せばちゃんとあり、着こなしの幅もとても広いタートルネックセーターをワードローブに採り入れない手はない!というのが私の持論です。

写真・図版

ということで、今回は海外スナップを見ながらタートルネックセーターを解説。

今回のジェントルマンは、キャメルのコートにパープルらしきタートルネックですが、真冬でありながらマフラーをしないで登場。そのため、コートのえりのデザインが強調され、ジェントルマンのヘアスタイルと相まってモード感がバシバシ伝わってきます。

ここで見逃してはいけないのが、タートルネックセーターがモコモコした太い糸でざっくり編まれたものではなく、細めの糸で密に編まれたものだということ。色のチョイスがセンス抜群ですが、このハイゲージと呼ばれる編み方もこのジェントルマンのイメージを作るのに欠かせないポイントだったのです。

写真・図版

全身を見ると大人のタートルネックセーターの着こなしの手本と言えるスタイリング。パンツはネイビー系のクラシックなウールパンツですが、裾をシングルで股下を短くして、トレンドのサイドゴアブーツを合わせることで、エッジーな雰囲気を強く打ち出しています。

個々のアイテムは、かなりベーシックなデザインですが、ちょっとしたスタイリングの工夫次第でイメージが変わるといういい例ではないでしょうか。

写真・図版
フローエンス限定 ジェノバ ロング Pコート¥170,500/シーラップ、ボルドーカラーの12ゲージ タートルネックニット¥24,200/グランサッソ(ともにフローエンス トーキョー https://floens.jp/)パンツはスタイリスト私物

今回の再現コーディネートはこちら。スナップのジェントルマンのコートは、襟の形やハンドウォーマーポケットが付いていることを見ると、ロングPコートと呼ばれているもの。Pコートは、ミドルかショート丈が原形と言われていますが、ドレス感や防寒性がアップしているロング丈のものが、最近のラグジュアリーブランドでは主流になってきています。

次ページ選ぶべきニットがコレ!

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    「メゾン ド アイビー」のジャラハニー
    すべて実食! 自慢の手土産 #104

    接待と手土産

    2023.01.27

紳士の雑学