カジュアルウェア

SHOWCASE
カジュアルにはきたい英国流トラウザース。

2023.02.03

ファッションエディターの審美眼にかなった、いま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

400_1 220915_AERA STYLE MAGAZINE8082_F01
上から『REGENT』¥60,500 (ボタンフライ)、¥53,900 (ジップフライ)、『SAVILE ROW』¥63,800(ボタン フライ)、¥53,900(ジッ プフライ)、『HAMPSTEAD』 ¥57,200(ボタンフライ)、 ¥50, 600(ジップフライ)/ すべてFumiya Hirano THE TROUSERS(ノウン 03-54 64-0338) ※2022年12月下旬~2023 年1月発売予定。

10年ほど前に、初めてサヴィル・ロウに行ったときの緊張感は、今でも忘れられない。読者の皆さまはご存じだと思うが、サヴィル・ロウとはロンドンの中心地にある、テーラーが軒を連ねる通りの名前。英国のみならず、世界中から王族や上流階級が押し寄せる、紳士服の聖地である。世界で最も家賃が高いこのエリアに店舗を構えるのは、ヘンリープールやギーヴス&ホークスといった老舗ばかり。今ではだいぶフレンドリーになってきたが、ひと昔前であればアポなしで入店するなんて、とても考えられなかった。

当然あの頃の僕も全く相手にされず、肩身の狭い思いをしたのだが、大きな収穫もあった。それはサヴィル・ロウのテーラーで働く、人種も性別もさまざまな若き職人たちのスタイル。彼らはスーツなんて着ていないのだが、自分で縫ったトラウザースをラフにはきこなしていて、それが意外にも格好いい。ベルトレスで股上の深いトラウザースに、真っ白なTシャツやキャップなんかを合わせた着こなしは、本当に粋だったなあ。

2022年の東京で、あの頃の鮮烈な印象がよみがえるようなトラウザースを発見した。ヒップから腰まで包み込むようなフィッティング、流れるように優雅なシルエット、重厚な英国生地、サイドアジャスタのついたクラシックなデザイン……。これは間違いなくサヴィル・ロウの流儀。しかもビスポークではなく既製品というのがまた珍しい。

実はこれをディレクションしているのは、名門ヘンリープールでカッターを務めたのち、ロンドンで自身の名を冠したテーラーをひらいた平野史也さん。このトラウザースは、近年日本に活動の場を移した彼の、新しいプロジェクトなのだ。聞けば彼がロンドンで修業しはじめたのは、僕が初めてサヴィル・ロウに行ったのとちょうど同じ、 10 年前だという。もしかしたら、あの頃の僕が見たのは、平野さんの姿だったのかもしれない。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。『MENʼS Precious』などのメンズ誌の編集を経て、独立。 現在は『文藝春秋』のファッションページ制作のほか、ウェブマガジン『ぼくのおじさん』を運営。

<<<メイド・イン・川越の手づくりアイウエア。 はこちら

   あの頃のホワイトバックスを探して。 はこちら>>>

「アエラスタイルマガジンVOL.53 AUTUMN / WINTER 2022」より転載

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato (TABLE ROCK.STUDIO)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 浅草「中華料理 博雅」で味わう、<br>絶品“人情”シュウマイ!<br>マッチと町中華。【第14回】

    浅草「中華料理 博雅」で味わう、
    絶品“人情”シュウマイ!
    マッチと町中華。【第14回】

    週末の過ごし方

    2024.05.24

  2. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  3. ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソンの<br>新作Tシャツで春夏トレンドを手に入れる<br>ファッショントレンドスナップ198

    ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソンの
    新作Tシャツで春夏トレンドを手に入れる
    ファッショントレンドスナップ198

    カジュアルウェア

    2024.04.30

  4. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学