旬のおすすめ

ベルスタッフが作る、新時代のスタンダード

2018.08.10

写真・図版

ベルスタッフと聞いて、多くの人がかの「トライアルマスター」を思い浮かべるかもしれない。そのいかにも英国らしいオーセンティックな面持ちとタフなつくりは、モーターサイクルジャケットの不朽の名作としてよく知られている。ただし、そんな無骨なイメージとはほど遠いテックなナイロンジャケットもまた、昨今のベルスタッフの「顔」であることに違いない。その繊細でコンテンポラリーなデザインからは先進性はもちろんのこと、伝統を更新していくブランドならではの矜持が見て取れる。

マットなカラーが絶妙なプルオーバーパーカ。キルティングを施したボディとスリーブを切り替えることでモダンなシルエットを実現した。軽量かつストレッチ性に優れた素材や、要所に施した止水テープなど機能性の高さも抜群。さらにテクニカルウエアならではのクールな表情に加え、ハーフジップの仕様やフラップに施したパンチングのロゴ使いからは90年代のストリートウエアすら想起させる、卓越した編集センスが光る一枚。

¥86,000/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<ハンティング・ワールドが醸す、アメリカの自由な空気

  アルマーニによって導き出された、大人用バックパックの答え>>

Photograph:Yoshinori Eto
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#3
    「呼(こ)きつね」のいなり寿司

    旅と暮らし

    2018.10.15

  2. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  3. 写真・図版

    馬場ふみか、がむしゃらのその先に何が見えた?
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2018.10.16

  4. 写真・図版

    ネイビーレザーのモダンな薫り、トゥミの3WAYビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2018.10.18

  5. 写真・図版

    大山鶏と9種類の濃厚スープを味わう
    新感覚ラーメン[部長の名店]
    鶏ポタラーメンTHANK

    旅と暮らし

    2018.10.16

紳士の雑学

調べ・見立て