旅と暮らし

都会が似合う美しいメルセデス。
CLAクラス

2020.01.16

写真・図版 掲載された商品の詳細や在庫の確認はチャットで相談

写真・図版

メルセデスのラインナップのなかで、「コンパクト」と呼ばれるモデル群がある。Aクラスを筆頭にBクラスなどFFの駆動方式を採用し、エントリーモデルに位置付けられたモデルだ。2018年10月の新型Aクラスを皮切りに新世代となった各モデルが、続々と日本に上陸。Aクラスに加わったA35やA45といったAMGモデルも含めれば、「上陸ラッシュ」と言えるほど次から次へと、魅力的なコンパクト・メルセデスが日本デビューを果たしている。

写真・図版

今回の主役は、そのコンパクトモデルのなかにあってスタイリングにこだわったCLA。2019年8月に日本仕様が発表された。クーペと呼ぶ4ドアモデルと、シューティングブレークと呼ばれるワゴンモデルを設定(掲載の写真ではレッドのボディーカラーがCLAクーペ、ホワイトがCLAシューティングブレーク)。両者ともに旧世代でもラインナップされ、今回は2世代目となる。Aクラスをもとに独立したトランクを設えた4ドア仕様と、そのワゴン仕様という成り立ち。しかし、新型モデルが先代と異なるのは、同じく4ドアモデルのAクラス・セダンが2019年7月に登場していることだ。

写真・図版

Aクラス・セダンと、CLAクーペ(クーペといっても4ドア)。どちらを愛車として選択するかは悩ましい一面もある。グレードの排気量などの格はひとまず脇に置いて価格を見てみると、Aクラス・セダンがA180の344万円から。一方、CLAクーペが200dの472万円からだ。圧倒的な差があり、ここにキャラクターの違いが表れている。

言わば、Aクラス・セダンが実用をより重視した存在。CLAはいちだんとプレミアムな価値を携えたモデルとなる。

写真・図版

CLAクーペは、クーぺを名乗るように実にスタイリッシュだ。エレガントで流麗な出で立ち、サイドから眺めれば、ルーフから流れるようなラインで、フロントエンドとリアエンドに向かって輪郭を描く。高いウエストラインも印象的。美しいコンパクトモデル、それが、メルセデスのラインナップにおけるCLAのキャラクターである。

ドアを見ても、Aクラス・セダンでは、構成パネルが窓を囲む形式のプレスドアを採用。CLAでは、2ドアクーペなどで用いられる枠のないサッシュレスドアを前と後のドアに採用した。ドアを開けた際、サッシュレスドアはとても美しい印象を見せる。

写真・図版

また、シューティングブレークも洗練されたルックスだ。メルセデスが進めるデザイン思想「センシュアルピュアリティー(官能的純粋)」に基づいたエクステリアは、こちらにも取り入れられ、そのリアエンドはシンプルかつ力感あふれる造形美を持つ。テールゲートは大型で、緩やかな傾斜でボディーラインを描く。

写真・図版

インテリアではAクラスと同デザインのインパネで、華麗さも継承。ワイドスクリーンディスプレイをダッシュボード上部に置き、解放感と横方向のワイド感を強調する。また、全幅が50mm拡大した恩恵で、室内空間の広さや快適性も進化した。

写真・図版

5つの円形エアアウトレットは、ジェットエンジンのタービンを想わせるスポーティなデザイン。対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)ももちろん採用する。

日本で発売されたのは、クーペとシューティングブレークどちらも「200d」と「250・4マティック」。前者が2リッター直4ディーゼルターボ(最高出力150ps)と8速デュアルクラッチ式ATの組み合わせ。後者が2リッター直4ガソリンターボエンジン(224ps)と7速デュアルクラッチ式ATの組み合わせで、かつ4WD仕様(4マティック)だ。

写真・図版

プライスタグは、CLA200dの472万円に対して、CLA200dシューティングブレークが482万円。また、CLA250・4マティックの534万円に対して、CLA250・4マティック・シューティングブレークが544万円。どちらの仕様もシューティングブレークが10万円高という設定となっている。

ラグジュアリーホテルでの食事やブランドでのショッピングでも様になるスタイリッシュなルックスが魅力として輝くCLA。

扱いやすいサイズであり、都会の街に映える美しいメルセデスだ。

※掲載の写真は実際の日本導入モデルと仕様が異なります。
※日本仕様は、右ハンドル。
※価格はすべて消費税込みのものです。

<データ>
車名:メルセデス・ベンツCLA200d
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1830×1430mm
ホイールベース:2730mm
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4DOHC16Vディーゼルターボ
トランスミッション:8速AT
エンジン最高出力:150ps(110kW)/3400〜4400rpm
エンジン最大トルク:32.6kg-m(320N-m)/1400〜3200rpm
タイヤ:225/45R18
車両本体価格(税込):¥4,720,000

メルセデスコール 0120-190-610
https://www.mercedes-benz.co.jp

Text:Haruhiko Ito (office cars)
Photograph:Daimler AG

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    東京2020オリンピック
    記念限定モデルの興奮

    美しい時計

    2020.02.17

  2. 写真・図版

    その贅沢さと履き心地に酔う
    オールデンのエプロンフロントダービー
    いま欲しい、憧れの靴6選

    旬のおすすめ

    2020.02.13

  3. 写真・図版

    高品質の素材を革新的な技術で仕上げる
    コーチの新作財布。

    旬のおすすめ

    2020.02.19

  4. 写真・図版

    純粋なるドライビングプレジャー。
    ポルシェ718スパイダー

    旅と暮らし

    2020.02.19

  5. 写真・図版

    モノづくりの伝統を守りつづける。
    革の魅力が最大限に生かされた、
    ヴァレクストラのミニウォレット。

    旬のおすすめ

    2020.02.13

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close