カジュアルウェア

インディビジュアライズド シャツ
新スタンダードのバンドカラーシャツ①
【リモートワークに最適なビジネスカジュアル】

2021.05.14

写真・図版
シャツ¥27,500/インディビジュアライズド シャツ×エディフィス(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、パンツ¥41,800/イースト ハーバー サープラス(エスディーアイ 03-6721-1070

働き方改革の以前からクールビズの波及により、シャツ一枚のワークスタイルは定番化してきた。そこにきて昨今はよりカジュアル化が顕著に。そうした状況下では、バンドカラーと呼ばれる短い立ち襟のシャツも仕事用のエフォートレスなアイテムに仲間入りを果たす。ポイントは襟まわりのすっきりとした印象だ。そのうえ、時流を採り入れるならば、ゆったりとしたオーバーサイズを狙ったタイプを選びたい。

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド シャツ )

現在では数少ないアメリカ製のシャツを手がけるインディビジュアライズド シャツにセレクトショップのエディフィスが別注を依頼。ポイントはバンドカラーとオーバーサイズのフィッティング。トラディショナルな上品さを保ちながら、リラックスしたフィーリングの時流に乗ったシャツに仕上げた。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<上品さをキープしたイージーパンツ。 はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Masanori Akao (whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai, Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki (The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て