カジュアルウェア

トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
着こなし方のポイントを解説。
ファッショントレンドスナップ166

2022.12.02

写真・図版

トム・クルーズ主演の「トップガン マーヴェリック」の公開が原因しているかどうかは定かではありませんが、秋冬のトレンドに突然カムバックしたミリタリー系のアイテムがあります。

それは、フライトジャケットをルーツに持つ、裏地がボア(クルクルした羊の毛)になっているレザージャケット。ボンバージャケット/ムートンジャケットなどと呼ばれることも。映画では、トム・クルーズは最新のハイテクフライトジャケットを着ていて、昔ながらのレザージャケットは着ていませんでしたが、イタリアのブランドは、ここぞとばかりにこのタイプを発表しています。

こうした、映画やセレブリティーと連動したトレンドの作り方は、この国の専売特許。もちろん現代にマッチするデザインの微調整&着心地を軽くするなどのアップデートに抜かりはありません。
※以下ムートンジャケットで統一

写真・図版

グレーのコートを着た女性とツーショットのジェントルマンも、こうしたトレンドを押さえたムートジャケットを着用。

日本ではこのタイプのジャケットは、どちらかと言うとバイカー的なハードなイメージか、アメカジ的なカジュアルなイメージになりがちですが、こちらのジェントルマンは、モード系の女性と並んでもマッチするラグジュアリーなコーディネイトになっているところがポイント。

そこで今回は、一体どうしてそう見えるのかを簡単に解説してみたいと思います。

写真・図版

まずは、ジャケットの見るからに柔らかそうで、上質感漂うキメの細かなレザーの仕上げに注目を。元々のデザインは、無骨なミリタリーウェアですが、素材のよさがこのコーディネートを一気に格上げしていたのです。

インナーには丸首のウールのセーターを着ていますが、ここがコットンのTシャツやトレーナーになると、この雰囲気は一気に無くなってしまいますのでご注意を。

それと、もうひとつ大切なのが、パンツのセレクト。真冬でもホワイトジーンズを履いているのです。日本のメンズファッションでは、あまり浸透していないスタイルですが、クリーンでソフトなイメージをプラスできます。このジェントルマンのように、ムートンジャケットを着たいなら、ここはぜひトライしてもらいたいポイントです。

次ページコーディネートの参考を提案!

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    「メゾン ド アイビー」のジャラハニー
    すべて実食! 自慢の手土産 #104

    接待と手土産

    2023.01.27

紳士の雑学