旬のおすすめ

スーツが変わる。十人十色の新ルール
NEW RULE8 バッグはバックパック

2019.04.16

平成が終わりを告げ、新たな時代が幕を開けようとしているいま、仕事着の在り方も節目を迎えている。ワードローブを見つめ直し、一歩踏み出す。まだ見ぬ自分と出会う、好機が到来した。

機能生地スーツを着る男

ジャージースーツよりもさらに一歩進み、スポーツウエアに匹敵する機能を持つ生地のスーツが、ビジネススタイルとして受け入れられはじめている。

そんな機能生地スーツの場合、タイドアップしないどころか、インナーはシャツ以外のほうがスマート。スポーティーなフィーリングから、バッグはバックパックがぴったり。パッドを入れたウール生地ではないため、肩ずれを心配する必要もない。

写真・図版
ジャケット¥43,000、パンツ¥24,000/ともにジョゼフ オム(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)、ニット¥25,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、バッグ¥60,000/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267)、時計¥290,000/タグ・ホイヤー(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 03-5635-7054

ビジネスエリートを印象付けるトゥミのバックパック。素材はアイデンティティーである強靱(きょうじん)なバリスティックナイロン。収納量を確保しつつ、スリムに仕上げたモデル。機能生地「クールドッツ」を用いた極めて軽量なセットアップに合わせて携えたい。

写真・図版
ジャケット¥50,000、パンツ¥38,000/ともにアークテリクス ヴェイランス(アークテリクス コールセンター 03-6631-0833)、カットソー¥24,000/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、バッグ¥39,000/ポーター(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007

アウトドアで培った機能をベースに、都会的でモダンに仕上げたセットアップ。スナップボタンやサイドスリットポケットなどが、従来のスーツとは異なる新しさ。バーニーズ ニューヨークがポーターに依頼して誕生したバックパックは、光沢のある高密度ナイロンを使用。ネイビーの色合わせで上品なイメージにまとめて。

写真・図版
ジャケット¥32,000、パンツ¥20,000/ともにデサント ポーズ(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)、Tシャツ¥20,000/ザノーネ(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、バッグ¥29,000/ブルックス イングランド(ブリティッシュメイド 銀座店 03-6263-9955

時代性をダイレクトに反映したセットアップは、スポーツウエアの機能にデザイナーの感性を融合して誕生。驚くほどの伸縮性を発揮し、軽やかさも異次元と言っていいほど。ナイロン製バックパックは、都会を駆けるサイクリストのために開発された。耐水性を備えているため、天候を気にすることなく背負える。まさに、自転車通勤にうってつけのスタイル。

Photograph: Osami Watanabe
Styling: Masayuki Sakurai, Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki(The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    山里亮太の男が憧れる、男の持ち物
    [ウオッチ]

    旬のおすすめ

    2019.04.17

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    普段の着こなしをアレンジして春の装いを鮮やかに

    旬のおすすめ

    2019.04.05

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#21
    「オーボンヴュータン」のプティ・フール・サレ

    旅と暮らし

    2019.04.15

紳士の雑学

調べ・見立て