旬のおすすめ

一生モノの靴との出合い。 #5
「ベルルッティ」「コルテ」
芸術品のようなエレガント靴

2019.07.23

新しい元号となり、気持ちも新たに毎日を過ごしていきたい。その第一歩として、まずは足元から見つめ直してみてはいかがだろうか。作りもデザインも上質なマスターピースな一足とともに、令和の世の中をじっくりと踏みしめ闊歩(かっぽ)していただきたい。

写真・図版
上:ALESSANDRO ベルルッティを象徴するモデルが、こちらのアレッサンドロ。一枚革で作られ、目に見えるシームが一切ない美しいレースアップシューズは、1895年にアレッサンドロ・ベルルッティが考案したもの。ベルルッティ家4代にわたり受け継がれ、常に進化している。軽くて返りのよいマッケイ製法で作られ、履き心地のよさが魅力だ。¥265,000/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718) 下:CORTHAY-ARCA コルテを代表する2アイレットのダービーモデルがこちらのコルテ-アルカ。ビスポークの木型をベースにしたセーブルラストを使用し、グッドイヤーウェルト製法で作られているため、履き心地抜群だ。立体的なロングノーズデザインが特徴的で、独創的なカットが施された長めのタンや靴のシェイプを引き立てるカラーレーションなど、細部にわたり芸術性を感じられる。¥195,000/コルテ(メゾン コルテ青山 03-3400-5060

日常的に履く靴を単に歩く道具として考えると、機能性や快適性を追求していくこととなる。もちろんそれは大切なことではあるが、男性のファッションにとって靴は単なる消費材ではなく、特別な存在だ。スーツスタイルやリラックスした格好でも、着用する靴によって見た目も大きく変わってくる。だからこそ靴のデザインが重要なのである。

クラシックを信条としていた紳士靴の世界に、芸術性という革命を起こしたのが「ベルルッティ」だ。素材やデザイン、色付けなどすべてにおいて独創的であり、靴という枠を超え、芸術品を身にまとうような感覚を与える。

またフランスの芸術性と伝統的な英国靴の製法の新たなる融合を感じさせるのが「コルテ」。自由な感性を実直に靴作りに注ぎ込んで生まれる靴は、まさにアーティスティックと言える。

“おしゃれは足元”からを実現するエレガントな靴を履いて、新しい時代を歩いていただきたい。

BERLUTI ベルルッティ
革命を起こしつづける
まるで芸術品のような紳士靴

1895年、アレッサンドロ・ベルルッティがパリで創業して以来、ビスポークで培った技術をもとに、熟練の技と創造性を組み合わせ、唯一無二の靴を生み出してきたベルルッティ。アーティストであり職人であるベルルッティ家によって受け継がれ、息子のトレッロ、孫のタルビーニオが経営を引き継ぎ、現在では4代目であるマダム・オルガが当主を務める。しなやかで上質なヴェネチアレザーや秘伝の染色技術であるパティーヌなど、ひと目でベルルッティとわかるオリジナリティーが光る。それゆえウィンザー公やジャン・コクトー、アンディ・ウォーホルなど、世界的な著名人たちをも魅了し、顧客として名を連ねている。

写真・図版
黒や茶だけの紳士靴のカラーに、多様な色使いを採り入れたのもベルルッティ。同じものがふたつとしてないパティーヌの色合いは、まさに芸術と呼ぶにふさわしい。
写真・図版
ANDY
アンディ・ウォーホルの名を冠したスクエアトウのローファー。1962年にブティックに訪れた際、オルガ・ベルルッティがデザインしたまさに伝説の逸品だ。ロングタンがスマートな印象付けをし、ドレスからカジュアルまで幅広くこなす。¥265,000/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718
写真・図版
SCARS
一見シンプルなホールカットシューズだが、2列で強調されたリバーステッチを挟みサイドを切り替えし、ヒールにかけて独創的なスクリットが刻まれている。大胆なデザインを紳士靴に採り入れたのもベルルッティの功績だ。¥281,000/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718

CORTHAY コルテ
シュール・ムジュールの技術を
ベースにした芸術的なデザイン

1990年、パリのヴァンドーム広場近くのヴォルネイ通りにシュール・ムジュール(ビスポーク)のアトリエをオープン、2003年からレディ・トゥ・ウェアを展開し、多くの人にその存在を知らしめたコルテ。フランスとイギリスの靴工房で働いた経験をもつ創業者のピエール・コルテは、独創的で芸術的な美的感覚とグッドイヤーウェルトやべベルドウエストなど高い製靴技術を融合した、モードやクラシックを超越した靴を生み出す。シャンクにはブナ材を使用してアーチにほどよい硬さを実現し、最上級の素材を仕入れ、時間をかけて丁寧に仕上げ使用するなど、随所にビスポークシューズと同じアプローチを持ち込み、芸術的な靴を完成させている。

写真・図版
ピエール・コルテ(左)が28歳のときにアトリエをオープン。その5年後、弟のクリストフ・コルテ(右)が、レ・コンパニオン・ドゥ・デュボワールで経験を積み、靴作りに参加。
写真・図版
WILFRID
オーセンティックな内羽根式のプレーントウを羽根部分にスエードを採用することでエレガントさを強めたウィルフリッド。ブラウンのグラデーションが美しく、カーフからスエードの切り替えしが洒脱なアクセントとなっている。ラストはオデオンを使用。¥219,000/コルテ(メゾン コルテ青山 03-3400-5060
写真・図版
FANTOMAS
一枚革で作られるホールカットで、ギリー風羽根デザインのファントマス。羽根部分のデザインにコルテのCを組み込んだ遊び心にもセンスが光る。高い技術を持った職人が、細かい手仕事をつぎ込んでいることがよくわかる、アーティスティックなモデルだ。¥219,000/コルテ(メゾン コルテ青山 03-3400-5060

「アエラスタイルマガジンVOL.43 SUMMER 2019」より転載

Still Photograph: Shouichi Muramoto
Styling: Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Edit&Text: Yasuhiro Okuyama(POW-DER)

掲載した商品に関する詳細については、下のチャットスペースよりお問合せください。
商品の在庫確認やお取り置きなどお買い物のお手伝いも可能です。コーディーネートやギフトの相談お受けしております。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    光沢のあるダウンがシックなスーツにマッチ
    スノーピークのダウン
    【語れる、ダウン。15】

    旬のおすすめ

    2019.12.03

  2. 写真・図版

    「帝国ホテル」のシュトレン
    すべて実食! 自慢の手土産#40

    旅と暮らし

    2019.12.09

  3. 写真・図版

    レザーバッグに極限まで“軽さ”を追求。
    コーチの新作バッグ。

    旬のおすすめ

    2019.12.06

  4. 写真・図版

    クローゼットと向き合うことは、
    人生と向き合うこと。

    紳士の雑学

    2019.12.06

  5. 写真・図版

    シート状ダウンでスタイリッシュに
    マッキントッシュのダウン
    【語れる、ダウン。19】

    旬のおすすめ

    2019.12.09

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close