接待と手土産

「ザ・ペニンシュラ東京」のマンゴープリン詰め合わせ
すべて実食! 自慢の手土産#46

2020.02.10

写真・図版

伝説のマンゴープリンを持ち運びに便利なカップに

名門と言われるホテルには、そのホテルの顔と呼ぶべき名物がある。ザ・ペニンシュラ東京の名物といえばマンゴープリンだ。ザ・ペニンシュラホテルズは150年以上の歴史を誇る香港発祥の名門ホテルグループ。2007年に東京に進出したザ・ペニンシュラ東京は、日比谷駅に直結、銀座からも歩いて数分とアクセスも抜群。エレガントなインテリアときめの細かなサービスで、押しも押されもせぬ日本の最高級ホテルのひとつ。そんなザ・ペニンシュラ東京のマンゴープリンは、午前中で売り切れてしまうこともあるオープン当初からの大人気スイーツだ。

レシピは前任のペストリーシェフが開発した東京オリジナル。世界中でこのホテルでしか購入できないのだ。シェフがひとつひとつ厳選したマンゴーを使用したプリンには、マンゴーの持つ爽やかな香りと濃厚な甘み、うまみがギュッと詰まっていて絶妙なおいしさ。食感は驚くほど滑らかだ。現在はエグゼクティブ ペストリーシェフとして活躍するパスカル・シャルデラさんがその味を継承している。

ただこのマンゴープリンは生菓子ゆえに贈るシーンを選ぶ。この魅力あふれるプリンをもっと多くの人に食べてほしいと、試行錯誤を重ねた末に誕生したのが、持ち運びしやすいカップの「マンゴープリン」だ。マンゴーの香りや滑らかな食感はそのままに、賞味期限は180日間、常温保存も可能という、手土産に最適な逸品に生まれ変わったのだ。地下1階にあるペストリーブティック「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」で購入することができ、地下鉄の駅からすぐなので、客先に行く前にも立ち寄りやすい。

香港発の名門ホテルの風格と信頼、そして絶対においしいという安心感。食べやすく、日持ちもして、贈る相手も選ばない、いざというときに頼りになる万能の手土産だ。

写真・図版

ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ
営業時間/11:00~18:00
定休日/無休
価格/1個648円、6個入り3672円、9個入り5022円 ※価格は税込み
問/03-6270-2888
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/hotel-fine-dining/the-peninsula-boutique-cafe

過去の手土産の記事はこちら

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    原宿「Marvin’s」
    古着はやっぱり面白い 第3回

    カジュアルウェア

    2020.09.23

  2. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  3. 写真・図版

    黒のスーツはビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2020.09.25

  4. 写真・図版

    使うほどに味わい深くなり、
    カジュアルながらも品格が漂う
    スロウのベジタルシリーズ。

    バッグ

    2020.09.25

  5. 写真・図版

    印象的なデザインに充実の機能。
    持つ人のライフスタイルに寄り添う
    ホグロフスを代表するバックパック。

    バッグ

    2020.09.18

紳士の雑学

調べ・見立て