週末の過ごし方

日本初! ジン専門蒸留所のブランドハウスがオープン。
「季の美」の世界観を堪能

2020.08.03

写真・図版
©JINNYAGI

日本初のジン専門蒸留所である「京都蒸溜所」のブランドハウス「The House of KI NO BI(季の美 House)」が、このたび京都市内にグランドオープンした。日本のクラフトジンブームの先駆けである、京都初のドライジン「季の美」の世界観を体験できる。

写真・図版

京都蒸溜所は、生産を開始して以来、数々の名誉ある賞を受賞してきた。日本のクラフトジンブームの幕開けを担った蒸留所だ。

ここでは、素材に徹底的にこだわり、マイルドなお米のスピリッツをベースに、京都の農園で採れる旬の新鮮なボタニカルを積極的に使用。11種類のボタニカルを6つのグループに分けて浸漬抽出し、蒸留後に「混和」するという独自の製法を用いている。水もまた、京都蒸溜所ではほかの重要な原料と同等と考えられ、名水の里と呼ばれる伏見のクリーンな伏見水を混和している。

  • 写真・図版
    「季の美 京都ドライジン」は柚子(ゆず)や檜(ひのき)、山椒(さんしょう)など個性的なボタニカルと増田徳兵衛商店のやわらかな仕込み水を使用し和を追求。
  • 写真・図版
    11種のボタニカルを使う「季の美 勢 京都ドライジン」は、アルコール度数54度でボトリング。個性を強調した力強い香りと味わい。
  • 写真・図版
    京都の宇治市にある老舗茶舗「堀井七茗園」とのコラボ「季のTEA 京都ドライジン」は、ホワイトチョコレートとシトラスのあとにジュニパーが感じられ、温かい緑茶の印象が長く広く続く。

「季の美」は、ジントニックやマティーニなどのカクテルのみならず、ストレート、水割り、オンザロック、お湯割りなど、フレーバーに合わせて楽しめる。また、山椒をプラスして和風カクテルとしても、食中酒として料理とのペアリングもおすすめだ。

写真・図版

これら京都蒸溜所で造るユニークなジンに、ぴったりのパッケージデザインは京都の老舗唐紙店「雲母唐長(KIRA KARACHO)」に伝わる唐紙の文様があしらわれており、創業1624年の伝統を受け継ぐこの店が監修した。

写真・図版
©JINNYAGI

グランドオープンした「季の美 House」では、こうした「季の美」とその世界観を思う存分に味わえる。

館内のインテリアは、京都に工房を構える「森の工房 in wood」による欅(けやき)の手作り家具や、西陣織で知られる「細家」のテキスタイルを採り入れたほか、壁紙には「雲母唐長(KIRA KARACHO)」を用いるなど、ボトルデザインと同様に、店内を四季の美しさで包み込んだ。

また、建築のトータルデザインはUCL(ロンドン大学バートレット校)で建築を学んだ創業者の長男であるダグラス・角田・クロール氏が手がけた。築100年以上の町家を改装した「季の美 House」では、「お店の間」や「展示の間」など、それぞれ「間」や「季の美」イズムをちりばめた空間になっている。

  • 写真・図版
    「お店の間」では限定商品を販売している ©JINNYAGI
  • 写真・図版
    「季の美の間」では季の美のカクテルや京都の地酒や地ビール、軽食を提供する ©JINNYAGI
  • 写真・図版
    アンティーク家具が特徴の会員制バー「ジンパレス」 ©JINNYAGI
  • 写真・図版
    「ジンパレス」ではビンテージのリキュールを使ったクラシックカクテルを提供する ©JINNYAGI

1階には「お店の間」「季の美の間」のほかに、会員制のバー「ジンパレス」があり、2階にはジンの歴史や種類、製造工程が見られる「展示の間」と、セミナールームの「混和の間」がある。

写真・図版
限定商品の「季の美 House ジン」

限定商品の「季の美 House ジン」は、カクテルとして提供され、ボトル販売もしている。

日本初のクラフトジンを、「The House of KI NO BI(季の美 House)」の空間で深く味わっていただきたい。

Text:Tomoko Komiyama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    キーホルダーは、自分に似合わないものを。
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    特別インタビュー

    2021.01.13

  2. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館 地下1階
    紳士靴スタイリスト 齋藤里沙さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.01.18

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ90
    しゃれたコートの着こなしはこれ!!
    決め手はインナーに合わせたフーデッドパーカ。

    カジュアルウェア

    2021.01.14

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ91
    エルメス、ルイ・ヴィトンだけじゃない!!
    日本で根強い人気のフランスの老舗「パラブーツ」の魅力を探る

    カジュアルウェア

    2021.01.19

  5. 写真・図版

    ユナイテッドアローズが別注した「剣」、
    150年以上の伝統を誇る英国傘の真価。

    小物

    2021.01.05

紳士の雑学

調べ・見立て