ジャケット

俳優・宮沢氷魚、
─遊び心とジャケットをはおって─

2020.09.14

写真・図版
ジャケット¥122,000/カルーゾ、シャツ¥29,000/バグッタ、スカーフ¥10,000/フィオリオ(すべてエストネーション 0120-503-971)、眼鏡¥38,000/フォーナインズ(フォーナインズ 03-5797-2249)、ピーキーリング¥169,000、ナットリング¥90,000/ともにトムウッド(ステディ スタディ 03-5469-7110

今回、撮影背景に登場するバンクシーの数々の作品についても、実に興味をそそられたと宮沢さん。

「僕は米国のサンフランシスコ生まれという出自もあり、ストリートアートは子ども時代から身近な存在だったんです。特に20代のときなどは、社会に対し問題意識を持ちだす年頃。ストリートアートが掲げるメッセージにハッと気付かされることが幾度かありました。バンクシーの作品もストリートアートのカテゴリーに属すものであり、いわば持たざる人をフォローする意図が作品のテーマだと思っています。しかし昨今はセレブリティがこぞってコレクションし、オークションにも大金が投じられています。思えば少し皮肉な状況かもしれません(笑)」

写真・図版
ジャケット¥340,000、シャツ¥41,000、パンツ¥120,000、シューズ¥66,000、バッグ¥82,000/すべてダンヒル(ダンヒル 03-4335-1755

今回撮影は『バンクシー展 天才か反逆か』の会場をお借りして行われた。宮沢さんには幾つかの作品の前でポーズを取っていただいたのだが、特に目に留まった作品などはあったのだろうか?

「サンフランシスコで見掛けたストリートアートは……

この続きはアエラスタイルマガジンVol.47で。
雑誌ではここでは見られない写真も多数掲載!
購入はコチラから>>

宮沢氷魚(みやざわ・ひお)
1994年、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。『MEN’S NON-NO』(集英社)専属モデルを務める。俳優として、ドラマ『コウノドリ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『偽装不倫』などに出演。初主演映画『his』も大好評。9月17~23日には東京芸術劇場プレイハウスにて、『ボクの穴、彼の穴。』が公演。

Photograph: Yoshihiro Kawaguchi(STOIQUE)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up: Yurie Taniguchi
Text: Tsuyoshi Hasegawa(04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太、セットアップを嗜む。

    スーツ

    2020.10.20

  2. 写真・図版

    俳優・神木隆之介が証明する眼鏡のポテンシャル。

    特別インタビュー

    2020.10.22

  3. 写真・図版

    ビジネススーツはコーディネート次第で春夏秋冬着まわせる。
    スタイリングのポイントを解説

    スーツ

    2020.10.22

  4. 写真・図版

    東京駅のベストビューポイント。
    カジュアルに鉄板焼きを堪能。[部長の名店]
    鉄板焼 天 本丸

    接待と手土産

    2020.10.23

  5. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ83
    リモート会議、オンライン飲み会に最適の
    ニットジャケットをユニクロで発見。コスパと着心地は世界一!?

    カジュアルウェア

    2020.10.21

紳士の雑学

調べ・見立て